Material detail

Outline

物語とトラウマ
クィア・フェミニズム批評の可能性
岩川, ありさ(1980-)
青土社
2022/10
9784791775002
The cover image is from "Kinokuniya".
By clicking the image, the detailed page of the online store, Kinokuniya, is displayed.

Status Information

Detail

Jpn. or Foreign
和書
Titles 物語とトラウマ クィア・フェミニズム批評の可能性
Author 岩川, ありさ(1980-)
Registration No. 0106788
Call No. 910/I
Publisher 青土社
Pub. Date 2022/10
Shelf Code
1019 新着図書コーナー
Status
10 所蔵中
Page 475, vp
Size 20cm
ISBN 9784791775002
Notes 博士論文「現代日本文学におけるトラウマの語り : フェミニズムとクィア批評の視座から」(東京大学, 2020年提出) を大幅に加筆・訂正したもの 参考文献一覧: p445-466
Subjects BSH:小説(日本) BSH:日本文学 -- 歴史 -- 昭和時代(1945年以後) BSH:日本文学 -- 歴史 -- 平成時代 BSH:トラウマ NDLSH:日本小説 -- 歴史 -- 1945- NDLSH:心的外傷 -- 文学上 NDLSH:LGBT -- 文学上, NDLSH:フェミニズム批評 岩川ありさ著
Contents Note 1 VT:物語とトラウマ : クィアフェミニズム批評の可能性
Contents Note 2 トラウマを語ることはできるか?
Contents Note 3 境界の乗り越え方 : 多和田葉子『容疑者の夜行列車』論
Contents Note 4 改稿が示す「奇跡」 : 李琴峰『独り舞』論
Contents Note 5 上演された自伝、聴き手たち : 古谷田奈月『リリース』論
Contents Note 6 クィアな記憶の継承 : 森井良「ミックスルーム」論
Contents Note 1 「バラカ」から「薔薇香」へ : 忘却に抗う虚構の強度をめぐって
Contents Note 2 変わり身せよ、無名のもの : 多和田葉子「献灯使」論
Contents Note 3 記憶と核の時代 : 林京子の仕事をめぐって
Contents Note 4 組みかわる物語 : 大江健三郎「美しいアナベル・リイ」論
Contents Note 5 読みなおすこと、回路をつくること : 大江健三郎と「憑在論」
Contents Note 6 たがいを支えあう言葉の回路 : 岩城けい『さようなら、オレンジ』論
Contents Note 1 前未来形の文学 : 小野正嗣『獅子渡り鼻』論
Contents Note 2 記憶を伝えるということ : 多和田葉子における「星座小説」
Contents Note 3 言葉が生まれ、物語が生まれる