Material detail

Outline

看護理論家の業績と理論評価
筒井, 真優美
医学書院
2020/03
9784260039611
The cover image is from "Kinokuniya".
By clicking the image, the detailed page of the online store, Kinokuniya, is displayed.

Status Information

This material is reference only.

Detail

Jpn. or Foreign
和書
Titles 看護理論家の業績と理論評価
Edition 第2版
Author 筒井, 真優美
Registration No. 1001865
Call No. WY/86/T
Publisher 医学書院
Pub. Date 2020/03
Shelf Code
0288 古城門研究室(412研究室)
Status
12 閲覧可→各室へ直接問合せ
Page x, 611p : 挿図, 肖像, 地図
Size 26cm
ISBN 9784260039611
Notes 日本・世界の出来事と看護の理論化の流れ / 川原由佳里作成: p560-593 文献あり
Subjects BSH:看護学 NDLSH:看護学 筒井真優美編集
Contents Note 1 看護学・看護科学の発展 / 筒井真優美執筆
Contents Note 2 看護理論 / 筒井真優美執筆
Contents Note 3 理論の評価と理論開発 / 筒井真優美執筆
Contents Note 4 看護理論の歴史 / 川原由佳里執筆
Contents Note 5 看護理論と倫理 / 高田早苗, 吉田みつ子執筆
Contents Note 6 ケアリングの概観 / 筒井真優美執筆
Contents Note 1 フローレンス・ナイチンゲール : 創まりの看護理論 / 川嶋みどり執筆
Contents Note 2 ヒルデガルド E. ペプロウ : 看護における人間関係の概念枠組み / 中山洋子執筆
Contents Note 3 ヴァージニア・ヘンダーソン : 人間のニードと看護独自の機能 / 守田美奈子執筆
Contents Note 4 アーネスティン・ウィーデンバック : 臨床看護における援助技術 / 池田明子執筆
Contents Note 5 ドロシー E. ジョンソン : ジョンソン行動システムモデル / 兼松百合子執筆
Contents Note 6 フェイ・グレン・アブデラ : 21の看護問題 / 矢野正子執筆
Contents Note 1 マドレン M. レイニンガー : 文化ケアの多様性と普遍性 / 草柳浩子執筆
Contents Note 2 アイダ・ジーン・オーランド : 看護過程の教育訓練 / 池田明子執筆
Contents Note 3 マイラ E. レヴァイン : 保存モデル 宮脇美保子執筆
Contents Note 4 マーサ E. ロジャーズ : ユニタリ・ヒューマン・ビーイングズ / 筒井真優美執筆
Contents Note 5 ドロセア E. オレム : セルフケア不足看護理論 / 数間恵子, 田中真琴執筆
Contents Note 6 ベディ・ニューマン : ベティ・ニューマン・システムモデル / 黒田裕子執筆
Contents Note 1 シスター・カリスタ・ロイ : 人と環境の統合を創る能力(適応) / 津波古澄子執筆
Contents Note 2 ラモナ T. マーサ― : 母親役割移行過程理論(Becoming a Mother) / 新道幸惠執筆
Contents Note 3 ジーン・ワトソン : ヒューマン・ケアリング・サイエンス / 江本リナ執筆
Contents Note 4 マーガレット A. ニューマン : 拡張する意識としての健康の理論(Health as Expanding Consciousness : HEC) / 遠藤惠美子執筆
Contents Note 5 マリリン A. レイ : ビューロクラティック・ケアリング理論 / 法橋尚宏, 本田順子執筆
Contents Note 6 ローズマリー・リゾ・パースィ : 人間生成(humanbecoming)理論 / 高橋照子執筆
Contents Note 1 ノラ J. ペンダー : ヘルスプロモーション・モデル / 小西恵美子執筆
Contents Note 2 パトリシア・ベナー : 看護実践の明示化(articulation)から看護学教育法のたゆまぬ探求 / 山本則子執筆
Contents Note 3 パメラ G. リード : セルフ・トランセンデンス / 金井 Pak 雅子執筆
Contents Note 4 マール H. ミシェル : 不確かさ理論 / 鈴木真知子, 山口美久執筆
Contents Note 5 クリステン M. スワンソン : ケアリング中範囲理論 / グレッグ美鈴執筆
Contents Note 6 アン・ボイキン : ケアリングとしての看護 / 多田敏子執筆
Contents Note 1 シェリル・タタノ・ベック : 産後うつ病理論 / 村上明美執筆
Contents Note 2 クリストファー・ジョーンズ : リフレクティブ,ナラティブ / 田村由美執筆
Contents Note 3 キャサリン・コルカバ : コンフォート理論 / 太田喜久子, 川村崇郎執筆
Contents Note 4 アフアフ I. メレイス : 移行理論 / 田村康子, 山本あい子執筆